Tokyo-Frost Valley YMCA Partnership
We build Strong Kids, Strong Families, Strong Communities.          Established in 1979.
東京-フロストバレーYMCAパートナーシップ

 1979年よりニューヨーク及び周辺地域で生活する日本人の子どもたちや家族を援助し、アメリカ人と日本人の相互理解を深め、世界平和を促進することを目的に活動している非営利活動団体(Non-Profit Organization)です。サマーキャンプ、スキーキャンプ、フィットネスプログラム、中高生プログラム、日帰りプログラムなどの様々な活動を通じて、子どもの成長、家族の絆、地域への関わりをはかります。

 YMCAは世界122ヵ国と地域に広がる青少年教育団体です。東京-フロストバレーYMCAパートナーシップは、東京YMCAとフロストバレーYMCAとの間で結ばれた国際的な共働事業です。日本の青少年教育や組織キャンプをリードしてきた東京YMCAと、北米で最初に組織キャンプを行い、全米のモデルキャンプ場や先進的な環境教育プログラムで高い評価を集め、年間を通じてキャンプや環境教育活動を行っているフロストバレーYMCAとの提携は、サマーキャンプをはじめ日米の多くの教育関係団体に影響を与えています。

 東京-フロストバレーYMCAパートナーシップの使命は:ニューヨーク及び周辺地域で生活する日本人の子どもたちや家族を援助すること、アメリカ人と日本人の相互理解を深めること、そして世界平和を促進することです。この使命を達成するために、東京-フロストバレーYMCAパートナーシップは、キリスト教の価値観を土台にして、以下の目標を掲げて年間活動を展開します。 即ち:

  1. 家族の絆を強めます。
  2. 健康的な生活習慣を身につけます。
  3. 異文化理解をはかります。
  4. 国際理解を推し進めます。
  5. 強い精神と優しい心とたくましい体を兼ね備えた一人一人の成長をはかります。

パートナーシップの歴史
 東京YMCAは1880年に発会したが、その草創期からの118年に及ぶ北米YMCAとの交流無くして今日の姿はない。この深いつながりを基盤に、ニューヨークYMCAと東京YMCAのパートナーシップは始まった。
 1976年当時、日本の高度経済成長に伴ってニューヨークでも日本人社会が拡大し、様々な文化軋轢、特に日本人の異文化不適応の問題が増大して、日米のYMCAスタッフがこの調査にあたった。
 1978年、高橋正太郎大使をゲストスピーカーに招いてニューヨークで開かれた北米YMCA主催の年次晩餐会に、当時の東京YMCA総主事 斎藤總衛氏と常議員会議長加美山節氏が出席、パートナーシップを結ぶ気運が高まり、1978年9月の常議員会で主事派遣が決定され、活動が開始された。
第一期(1979年~1981年)種蒔く時
 本間立夫氏がニューヨークに着任後、現地の駐在員、日本人学校などのつてでレイマンを発掘し、アドバイザリーコミッティーを組織。主婦対象のフィットネスプログラム、日本人学校の生徒を対象とした水泳プログラム、サマーキャンプ、スキープログラム、クリスマスの家庭訪問を始めた。財政的にはニューヨークYMCAとの連携のもとに支えられた。
第二期(1982年~1984年)成長期
 サマーキャンプの場を、ホリデイヒルズからフロストバレーYMCAキャンプ場へ移した。これとともにキャンパー数の拡大が図られた。1982年から本間恵美子氏がそれまでのボランティアとしての関わりから正式なスタッフとして加わり、プログラムが大幅に拡大した。83年には5周年の記念パーティーが開催された。
第三期(1985年~1987年)発展期
 財政基盤の確立のため、資金集めのためのベネフィットコンサートが始められた。現地の日本企業の支援を受け、1万ドルの資金を集めた。また同時に活動資金を得るためのアニュアルディナーも開始された。サマーキャンプがグレーターニューヨークYMCAのProgram Exellenceを受け、ニューヨークYMCAの中でも高く評価された。
第四期(1987年~1989年)充実期
 現地パートナーシップの委員である山根正彦氏が、日本人として初めてニューヨークYMCAの理事に選任され活躍した。サマーキャンプを通してのリーダー養成も益々充実し、高い評価を受け、同志社大学の黒木保博助教授により『フロストバレーの子どもたち』(ミネルヴァ書房 1990)という本にまとめられた。1989年にはマンハッタンにあった事務所を日本人居住区のホワイトプレーンズYMCA内に移すことができ、ますます地域活動がしやすい環境が整った。この事務所は1997年まで続く。
第五期(1990年~)トライステイトパートナーシップへ
 ニュージャージー、コネチカット、ニューヨークの3州にまたがり活動を続けてきたパートナーシッププログラムは新たな展開を見た。1991年より1997年までを1期とし、トライステイトパートナーシップが締結された。すなわち、東京YMCAとホワイトプレーンズYMCA、フロストバレーYMCA、ニューヨークシティYMCAの3つのパートナーシップがグレーターニューヨークYMCAとの間に結ばれた。実質的なパートナーシップの運営とスタッフは東京-フロストバレーYMCAパートナーシップが担うことになった。
全体としては3州にまたがる地域の日本人、アメリカ人の関係を促進することを主眼としたものの、実質的にはフロストバレーYMCAとの関係が促進される結果となった。東京-フロストバレーYMCAパートナーシップに関するアグリーメントが確認され、現在に至っている。
CD・書籍案内
パートナーシップを紹介する書籍やビデオ、キャンプソングなどの紹介をしています。
こちらからお入りください。CD・書籍
連絡先
Tokyo-Frost Valley YMCA Partnership
250 Mamaroneck Ave., White Plains, NY 10605
Tel: 914-761-8450
Email: tokyopr@frostvalley.org
the Y Frost Valley YMCA 東京YMCA Tokyo YMCA International School
2006-2017 Tokyo-Frost Valley YMCA Partnership © All Right Reserved.